LINEをやめたい人がやめる方法:人間関係に疲れてリセットしたい!

記事の著者:therelateadmin

LINEをやめたい…そう感じたことはありませんか。

LINEは確かにとても便利なコミュニケーションツールですが、LINEで感じるうっとうしさ、面倒臭さなどでストレスを抱えてしまうことも。

実際、連絡手段としては電話さえあればなんとかなると思う人もいるでしょう。LINEをほとんど使わずに過ごしている人たちもたくさんいます。

ただ、もしLINEを辞めたいと思ったときはどうすれば良いのでしょうか。そこで今回、LINEをやめる方法について詳しく紹介していきます。

LINEに疲れたからやめたい

LINEに疲れた…と感じることは実際、LINEユーザーにありがちなことだと言われています。

LINEは以前主流だった携帯メールよりもリアルタイムなやり取りができ、スタンプ等を用いて豊かなコミュニケーションが取れることでも有名です。

そしてLINEの特徴として代表的なのは、「既読」のシステムです。相手が送ったメッセージを読んでいるかどうかを知れる既読マークはとても便利なもので、災害時の安否確認にも非常に役立ちます。

しかしこの既読マークが、LINEに対する疲れを感じさせているのも事実です。「既読がついたのに返事が来ない」「未読のままなのはなぜ?」など、既読マークはユーザーにさまざまな不安をあおります。

そのほか、「スタンプのやり取りがうざい」「グループが増えすぎて面倒臭い」「友達にブロックされた」など、LINEを使っていてストレスに感じるようなことはたくさんあるでしょう。

このようなことから、LINEユーザーはやり取りを楽しむ一方で、疲れも同時に感じている場合があるのです。

LINEのやめ時は本気で疲れたとき

LINEはアカウントを削除することで辞められますが、やめる時期は基本的にいつでも問題ありません。

しかしやめる際はトーク履歴、購入したスタンプ、友だち一覧などがすべてなくなってしまいます。本気で疲れた…と思ったとき以外は、軽い気持ちでやめるべきではないでしょう。

やり取りに悩んでばかりで本気で辞めたいと思うなら、その時こそが辞め時かもしれません。ただ、やめる際は今LINEで使っているデータが全て消えてしまいますので、そのことだけは認識しておく必要があります。

ちなみにもし辞めてもう一度やり直したいと思っているのなら、進級や入学、就職や転職など、環境が変わる時が人間関係の整理もしやすいので一番かもしれません。

LINEをやめる方法はアカウント削除

LINEをやめる方法自体はとても簡単です。AndroidもiPhoneも、設定から「アカウント」のメニューを開き、一番下にある「アカウント削除」を選択するだけで完了になります。

ちなみにアカウントを削除する際は、「データはすべて削除されます」という注意メッセージが一度出ます。それでもOKの場合は、「アカウント削除」のボタンをタップしましょう。これで完全にアカウントは削除されます。

LINEをやめるフリする方法

ちなみにLINEを辞めたい理由として、「特定の友達との繋がりを絶ちたい」という考えの人もいるでしょう。その場合、切りたい友達に対しては辞めたフリをして、仲良い友達とはまた今まで通りやり取りを続けるという方法もあります。

方法としては、まずは上の手順でLINEのアカウントを削除します。そしてLINEを再インストールし、今度はアカウントを作り直していきます。

LINEは新規登録すると「電話帳に登録している人を自動登録する」という項目がありますが、もし電話帳に登録している人の中で切りたい人がいるなら、ここでは絶対に自動登録の項目にチェックを入れないでください。

そうすれば自分で選んで友達を追加していくことができるので、ID検索や招待などでやり取りを続けたい友達とは関係を復活させることができます。

もし特定の人に対して辞めたフリをしたいのなら、この方法を試してみると良いでしょう。