フィーリングが合うってどんな時?意味や使い方も紹介!

記事の著者:therelateadmin

「フィーリングが合う」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。感覚的に使っていて、言葉の意味をよく知らない人もいるでしょう。

「なんとなく感じるもの」ではありますが、雰囲気を言葉にするのは難しいかもしれません。そこで具体的にどんなことを指すのか見ていきましょう。

今回は、フィーリングが合うという言葉について意味や使い方を解説します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フィーリングは感覚のこと

フィーリングとは、「なんとなく受ける感じ」や「感覚」などの意味です。よく使われる「フィーリングが合う」ということは、なんとなく受ける感じや印象、雰囲気などが合うと思うことを示します。

何か具体的な理由があるわけではないけれど、合う気がする、共通する部分を感じる気がするなど、感覚的に思うことがあるものです。フィーリングが合うという言葉は、曖昧な感覚的表現としてよく使われます。

フィーリングという言葉の使い方

「フィーリングが合う」は曖昧な感覚的表現の一つとして解説してきましたが、曖昧だからこそ使い方がよく分からないと悩む人は多いかもしれません。

具体的な使い方の例としては、

・彼とはフィーリングが合う(=接してみた印象がなんとなく合う)

・この服はフィーリングが合う(=見たり合わせてみたりした印象から自分に合う気がする)

・あの店はフィーリングが合わない(=なんとなくの印象的に自分とは合わない店だ)

以上のような使い方が挙げられます。ただ世の中の傾向としては、フィーリングが合うという言葉は誰かとの相性が合うかどうかを示す言葉として使われることが多いようです。

フィーリングが合うと感じる場面5選

実際に誰かとフィーリングが合う感じるときはどんな時なのでしょうか。フィーリングが合うと感じる瞬間について紹介します。

価値観が似ている

価値観とは物の考え方や感じ方のことです。特定のことに対して、誰かと同じ意見を持つことがあれば、その人とは価値観が似ていると思うものでしょう。

また、価値観が似ていれば何かと話が合うことも多いはずです。その人に対しては自然とフィーリングが合うという良い印象を持つでしょう。

同じような価値観を持っている相手に、フィーリングが合うと感じます。

同じような境遇で育ってきている

例えば同じような家庭環境で育ってきたり故郷が似ていたり、育ってきた環境が似ていると感覚が似ているという印象を持つでしょう。

考え方や性格は、その人の育ちによって形成されていきます。同じような環境で育ってきた同士なら、相性も良くなるでしょう。なんとなくフィーリングが合うと感じられることも多いはずです。

好きなものや趣味が同じ

好きなものや趣味が同じである場合もフィーリングが合うと言えるでしょう。趣味や好みが同じなら、どんなものに感動するのかも似ているということになります。

趣味が共通していれば、会話も弾み、相性がいいと感じることも。

同じものを見てそれを好きと思うかどかが一致していることは、相手との仲を深めていく要素になりそうです。

会話がスムーズに進む

会話がスムーズに進むこともフィーリングが合うと思う瞬間の一つです。例えば普通に会話しているだけなのに、話がまったく途切れなかったり、笑いが止まらなかったりする場合も同じです。

会話がスムーズに進むことは、話し方のペースや言葉のチョイス、あらゆることに対する意見が合致しているということになります。実際、会話が途切れず楽しく話せる人に対しては、フィーリングが合うと感じる人は多いでしょう。

共通点がたくさんあると感じた

価値観や趣味など一つのことにとどまらず、共通点があると感じる人と出会うことはあるでしょう。そんな時、その人とは他ならぬ相性の良さを感じるはずです。

仕事が同じで、出身地も同じで、考え方も似ているような人と出会えたら、好意的に思うでしょう。共通点は多ければ多いほど、相性の良さを示します。

共通点が多いほど、自分と合うと感じフィーリングが合うと感じるのではないでしょうか。

フィーリングが合う人と出会いたい方におすすめしたいのが、マッチングアプリのPairs(ペアーズ)です。

Pairs(ペアーズ)なら、豊富な検索機能を利用して、同じ出身地から趣味に至るまで細かい条件を設定できます。

女性は無料で始められるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

[無料]ペアーズで出会いを探す