父親からのモラハラの特徴とは?対策と解決方法

記事の著者:kenishida

父親から過度なしつけをされて、「モラハラ」ではないか、と感じたことはないでしょうか。しつけとモラハラは紙一重なので、線引きが難しい問題です。

モラハラ行為を受けた子供は、将来フラッシュバック現象などによって、苦しむことがあります。大人になってから、自分が受けていた行為はモラハラだったのではないかと改めて考える人もいるのではないでしょうか。

今回は、父親からのモラハラ行為は実際どのようなことが該当するのか、またその特徴、対処方法を紹介します。

父親からのモラハラにあたる行為とは

モラハラとは、精神的な嫌がらせ、暴力のことです。日常生活では職場や夫婦間で問題になることが多いのですが、子供が受ける父親からのモラハラも実際に存在します。

ではどのような行為がモラハラとなるのか紹介します。

すぐに声を荒げて威圧する

モラハラをする父親は、家族に対して支配的な言動、態度をとります。家族が自分に従っているときは機嫌が良くても、ちょっとした出来事で怒り、周りを怒鳴りつけます。

また、父親として言うべきではないような暴言を子供に投げつけてしまうのもモラハラに値します。

自分のできないことでも子供に強要する

モラハラをする父親は、自分が子供の良い手本になろうとは思っていません。自分にはできていないことでも、平気で子供に強要をします。

そして、子供が言う通りにできなかったりすると、それに対して激怒するのです。

もしも子供が「お父さんもできていない」などと言うと、火に油を注ぐことになるので、子供は反論することなく小さくなっているしかありません。

自分の非を認めない、謝らない、責任転嫁する

モラハラをする人全般において、自分の非を認めないことが特徴的です。何かしら都合の悪いことがあると、謝らずに他人や周囲の状況に責任転嫁します。

妻や子供のいうことを全て否定する

モラハラをする父親は、妻や子供が正論を述べていたとしても、決してそれを認めず否定します。むしろ、「だからお前は馬鹿なんだ」などと理不尽に主張するので、だんだん家族も言い返すことを諦めてしまいます。

母親の悪口を子供に吹き込む

モラハラをする父親は、母親(妻)の悪口を子供に吹き込むことがあります。子供自身に対して怒鳴ったり、暴言を吐いたりするほかに、母親(妻)を否定するようなことを子供に言い続けて傷つけるのです。

「お母さんのようになってはいけない」といったことを平気で言い、子供は自分の母親を否定されながら成長することになります。

モラハラをする父親の特徴

時には優しい

モラハラをする人は、いつも怒って怒鳴り散らしているわけではありません。日常では優しい人もいます。しかし、何らかの出来事をきっかけに、突然豹変したり怒ったりするので、周囲の人は常に父親に対してビクビクしながら接さなければなりません。

身体的な暴力は振るわないことが多い

モラハラで身体的な暴力を振るう人はあまりいません。その代わりに長々と言葉で攻撃するのが特徴です。

ただし、人によっては興奮した時に暴力を振るうパターンもあります。また、物を投げたり壊したりするなどして、周りを脅す人もいます。

自分だけのルールを持っている

モラハラ加害者は自分なりのルールを決めていることが多いです。例えば、卵は特売日以外買わない、ゴミ袋は必ず切れるくらいいっぱいになってから捨てる、おかずの品数や食べる順番を決めているなど、小さなことに異常に拘ってることがあります。

そして、家族がそのルールを破るとキレるので、家族は常に気を配らなければなりません。

特にそのような家庭で育った子供は、物心ついたときから父親のマイルールを押し付けられるため、子供の性格形成に大きく影響します。

父親からモラハラを受けた場合の対処方法

自分が悪くないことを自覚する

父親からモラハラを受けた子供は、父親からの暴言や必要以上の叱責から、自分が悪いのだと責めてしまうケースが多いです。

しかし、そうではありません。父親がしていることはモラハラ行為だと認識し、悪いのは父親だということに気づきましょう。

受け流す

モラハラをする父親は、子供が何をいっても改善されることはありません。むしろ怒りを招いてしまうだけの場合が多いので、父親が何をいっても受け流し、気にしないよう努めましょう。

心理カウンセラーに相談する

家庭内で解決できないと思ったら、心理カウンセラーに相談してみましょう。

父親のモラハラを専門としている心理カウンセラーもいるので、的確かつ有効なアドバイスがもらえるかもしえれません。

まとめ

幼少期にモラハラを受けた子供は自分自身の人生に大きく影響します。例えば将来自分が父親になってモラハラ行為をしてしまったり、モラハラをする男性と結婚してしまったりするのです。

そのため、自分がモラハラの被害を被ったことを自覚し、負のモラハラの連鎖を断ち切りましょう。