人生ハードモードな人の特徴:コミュニケーション能力が低い

記事の著者:kenishida

人生ハードモードとは、とにかく困難が多い人生を送っていることを指します。ゲームなどでもよく「イージー」、「ノーマル」、「ハード」の難易度を選択しますが、ここでも同じ意味です。

つまり、攻略難易度の高そうな人生を送っている人のことを言います。それでは実際に、どんな人が人生ハードモードな人なのでしょうか?

今回その特徴についてまとめたので、自分にあてはまらないか確認してみてください。もしかしたらあなたも、人生もハードモードかもしれません。

人生ハードモードな人の特徴

人生ハードモードな人は、自分自身にその性質があるからこそハードな人生になってしまっていると言えます。では、人生ハードモードな人にはどんな特徴があるのでしょうか。

お金にだらしない

お金にだらしない人は、何かと大きなトラブルに巻き込まれてしまう人生ハードモードの人が多いです。

例えばすぐにお金を使いこむくせがあったり、他人との間でお金をすぐ貸し借りしてしまったりなど、お金にだらしない人はお金のトラブルを引き寄せます。

そのため貯金もたまらず、いつもお金にやりくりに四苦八苦している状態になっていくでしょう。一般の人と比べて金銭感覚が狂っている人も、同じ傾向があります。

育ちや家庭環境が悪い

育ちや家庭環境が悪いと、ハードモードな人生になることも多いでしょう。例えば親がよくトラブルを起こすような人間だと、自分も同じようにトラブルに巻き込まれることが増えるはずです。

また、育ちがあまり良くない人は、悪い友達と仲良くすることも多くなります。不良の友達にたかられたり、パシリのように扱われたりなど、友達関係に恵まれないこともたくさんあるでしょう。

コミュニケーション能力が低い

人と比べて、コミュニケーション能力が低いことも人生ハードモードな人の特徴です。コミュニケーション能力が低い人は交友関係が広がっていかないため、いざという時に頼れる友達が少なくなってしまいます。

また、悪い友達ができてしまうと、コミュニケーション能力が低い人は嫌なことを断ることもできません。断れないせいで、都合よく扱われてしまう人も多いです。DVやモラハラの彼氏と別れられず悩んでいる女性などは、このタイプが多いようです。

人生ハードモードな出来事

それでは、人生ハードモードな人がいつも抱えがちなハードが出来事とはどんなことがあるのか、紹介していきます。

借金などのお金のトラブル

まずよくあるハードな出来事として、お金のトラブルがあげられます。借金地獄に一度おちいってしまうと、抜け出して普通の生活を取り戻すのはとても困難でしょう。

ギャンブル好きの人や浪費癖が強い人はいつもお金のトラブルを抱えているせいで、人生ハードモードにおちいってしまいがちです。

DV/モラハラ/セクハラ/パワハラ

セクハラなどの各種ハラスメントも、ハードな出来事の一つです。交友関係がいつも悪い人は、何かとこのようなトラブルに巻き込まれることが多く、いつも悩みを抱えています。

例えばパワハラばかりの職場で仕事をしている人は、いつもそのパワハラに悩むことになるでしょう。それだけで人生はハードモードです。

リストラ

リストラされれば、一転して収入ゼロのハードモードに陥ります。リストラもできれば避けて通りたいハードな出来事の一つです。

ちなみに要領が悪い、仕事の覚えが悪く成果が上がらない人は、仕事を見つけては解雇され…の繰り返しで人生ハードモードにおちいることも多いでしょう。

うつなどの精神疾患

一度うつなどの精神疾患を抱えると、明るく前向きに生きるのはなかなか難しくなると言います。

うつ病の完治はとても困難です。いつでも悩みを抱えた状態で、うつの症状に苦しめられることになるでしょう。

そんなうつなどの精神疾患も、ハードな出来事の一つだと言えます。後ろ向きな人は何かとつらい出来事に自分を追い込んでしまうところがあるため、知らない間に人生ハードモードに突入していることがあるようです。