好感度が上がる笑い方:笑うのが苦手な人のための練習方法を紹介!

記事の著者:therelateadmin

よく笑う人は好感度が高いですが、誰もが笑うことに自信があるわけではありません。自分の笑った顔に自信がない、笑い声やくせが嫌い、など笑い方にコンプレックスを抱く人も多いでしょう。

しかし、自分の笑い方や笑顔の作り方はちょっと意識することで変えることができます。好感度が上がる笑い方のポイントを理解し、日々の練習やトレーニングで自分の笑い方を好きになる努力をしましょう。

好感度が上がる笑い方

心から笑っていることがわかると、好感度は上がります。逆に目が笑ってないなとか、声だけうるさい下品な笑い方は好感度は下がってしまいます。

自分の笑い方は意識してみないとわからないので、できるだけ身近な人に自分の笑い方の印象を聞いてみるとよいでしょう。このとき、身近な人に聞いてみることでより自然な笑い方を確認することができます。

自分の笑い方や笑顔の印象がわかったら、次にどんな風に印象つけたいか、どんなときに好感度を上げたいかというのも考えてみましょう。それによって笑顔の作り方や笑い方も自由にコントロールできるようになります。

ぜひ自分の笑い方と向き合い、好感度の上がる笑い方を目指して練習していきましょう。

口を開けて楽しそうに笑う笑い方

口を開けて楽しそうに笑う女性は一緒にいて明るい気分になり、どんな相手にも好感度が高くなります。

あまり大きな口を開けて笑うと下品に見えてしまいますので、自分が思っているよりも控えめに開くとよいでしょう。意識するのは少しむずかしいですが、大きな口を開けて笑うときは口元を手でおおうことで上品になり、可愛らしい印象になります。

口角を上げたスマイル

微笑みかけるような笑顔はそれだけで相手との会話も和らぎます。

相手の話を聞きながら相槌を打つときや、少しいたずらっぽい表情を見せるときに口角をきゅっと上げて目をパッチリ見開いてみましょう。とってもチャーミングになり、特に異性からの好感度が上がります。

歯を見せてさわやかに笑う笑い方

歯を見せてニコニコ笑うと、口を開けた楽しそうな元気な笑い方とチャーミングなスマイルの中間、さわやかな印象になるでしょう。

取引先との少し緊張した場面や、人前に立つときこそ使い分けられると見ている人の好感度が上がります。

思わずキュンとする無邪気な笑い方

目を細めて思わずくすくすと笑ってしまった、という無邪気な笑い方は異性からの好感度が上がります。

相手の男性や年上の人が冗談を言ってこちらを楽しませようとしてくれたり、食事の談笑中などでこうした笑い方ができると、一緒にいて癒やされるな、もっと一緒にいたいなと思わせることができます。少し目を伏せて照れ気味に笑ってみせるとより効果的でしょう。

自然に素敵な笑顔を作る練習

まずは笑顔の練習方法の基本です。準備するのは鏡だけですので、洗面所に立つタイミングでやってみましょう。

1.鏡の前で、思いっきり「イー」と声を出して、そのまま10秒キープします。このとき、思いっきりえがおを作ります。特に目元も笑うように意識してください。口角もぎゅっと上げていきましょう。

2.フーと息を吐き、顔の力を抜いてリラックスしてください。

3.もう1度しっかり笑顔を作り、「イー」と声を出して、今度は3秒キープします。この2度目の笑顔が自然に見える笑顔と覚えておいてください。

最初は慣れていないと10秒間思いっきり笑顔を作るのは辛く感じるかもしれません。毎日コツコツ、気づいたときにやることで、2度めの表情が自然に作れるようになっていきます。

割り箸トレーニング

今度は、割り箸を1本用意して、より表情筋を意識します。

1.割り箸を横にしてくわえ、しっかりとかみしめた状態で30秒キープ。唇が割り箸になるべく触れないように気をつけてください。

2.割り箸をくわえたままで口角を上げ、目元も笑顔に10秒キープします。歯が見えるくらい口を大きく横にあけましょう。

こちらは1日に1回でもよいので継続して行うことが重要。また、唇が乾燥しているとうまく口が開けなかったり、皮が向けてしまったりしますので、日頃から唇の保湿にも気をつけておきましょう。

かわいらしい表情を目で作る体操

自然な笑顔ができても、目元が笑ってないと言われることが多い人はこちらの体操がおすすめです。

1.目をできるだけ大きく開きます。そのまま目ん玉をぐるりと右回りに10回回します。

2.反対側も同様に回します。

笑い方を練習して好感度アップ!

笑顔を作ろうと意識したり、笑顔の練習をしてみると、思いのほか表情筋を使っているのが分かると思います。

練習方法は朝、洗面台で身支度を整える時や、帰ってきてメイクを落とす時など、毎日の生活の中で習慣づけることでかなり効果は期待できます。

練習に慣れてくる頃には自然と笑顔が作れるようになり、周囲からの印象も変わってくるはずです。

笑い方で相手との関係も大きく変わるので、好感度高い笑い方や笑顔を目指してコツコツ練習していきましょう。