精神年齢が低い人の特徴や原因9選!甘やかされた人が多い?

記事の著者:kenishida

日常の生活の中で、「あの人、精神年齢低いな」「子供だな」と思ったことはないでしょうか。

職場でも、新入社員はもちろん、同僚や上司の中にも、精神年齢が低めの人は少なからずいるものです。

遠くで見ている分には問題ないのですが、そんな人と毎日一緒に働かなければいけなくなったり、知り合いになってしまったりしたら、大変な被害を受けるかもしれません。

今回は、そんな精神年齢が低い人の特徴や原因などを紹介します。相手の特徴を知ってうまく対処しましょう。

精神年齢が低い人の特徴

精神年齢が低い人とは、どんな人のことを指すのでしょうか。

実は、あなたの身近な人や仲の良い友達も当てはまっているかもしれません。

感情をコントロールできない

精神年齢が低い人は、自分の感情をコントロールすることができず、どんな感情もすぐに表に出します。

悲しい、イライラする、ムカつく、嬉しい、好き、嫌い、などすべての感情が駄々洩れになり、周りに気を使わせます。

そして、周りの人に気を使われていることに気づいていないか、気づいていてもなんとも思っていないことが多いです。

責任転換するのが得意

自分に都合の悪いことは、環境や他人のせいにします。

また、素直に自分の誤りを認めることができず、言い訳ばかり流暢に話すのです。

自分の保身のためなら、平気で嘘もつけるし、人を傷つけることあるでしょう。

約束が守れない

会社でも、友達付き合いでも、約束を守ることができません。

仕事では納期に間に合わせることが出来なかったり、頼まれたことを言い訳をつけてやらなかったりします。

友達付き合いでは、気分が乗らないからといって当日に約束をキャンセルしたり、待ち合わせ時間に遅刻することもあるのが特徴です。

責任感がない

基本的に他力本願で、自分でどうにかしようという気持ちがありません。

失敗しても誰かが責任を取ってくれる、と思っているのでやることが中途半端で、自分よがりな仕事しかしないのです。

掃除ができない

自分の部屋はもちろん、職場の机やロッカーなど、整理整頓ができない傾向があります。

使ったものは使いっぱなしで元の場所にはもどしません。定期的に財布や鍵などを無くします。

髪型や服装も清潔感が欠如していることが多いでしょう。

想像力が乏しい

想像力が乏しいため、相手のことを思いやったり、物事を先読みしたりすることができません。

こう言ったら相手はどう思うか、これをやったらどういう結果になるのか、など具体的に頭で考えることができず、相手を傷つけたり、大きな失敗をしたりします。

目の前のことで頭がいっぱいになってしまい、深く考えることが苦手な傾向にあります。

精神年齢が低い原因

なぜ、精神年齢が低くなってしまうのでしょうか。

その原因を紹介します。

甘やかされて育てられた

幼い頃から、両親や周囲の人たちに叱られたり、注意された経験が無いため、自分が間違っていると思ったことがありません。

また、自分の気持ちを抑えて、何かに取り組むこともしたことがないので、我慢ができなくなります。

何か失敗してしまっても、いつも周りが助けてくれるので、責任感がなく、どうにかなるだろうと物事を軽く考えてしまうのです。

他人と深く付き合ったことがない

若い頃に、他人と深く向き合ったことがなく、面倒なことを避けて生きてきた人が多いようです。

ですので、コミュニケーション能力が低く、相手の気持ちに立って考えることができなくなっています。

いつも、自分の居心地のいい場所にしかいたことがないので、自己中心的な考えになってしまいます。

社会性が欠如していると言えるでしょう。

自分を疑ったことがない

周りから否定されたり、嫌がられたりした経験があまりないので、自分自身の言動が間違っていると疑ったことがありません。

そして、自分自身と向き合うこともなく、反省することもなく成長してしまったため、精神年齢も成長することなく大人になってしまっているのかもしれません。