人生経験が足りないと思う人へのアドバイス:人生経験を積むためには?

記事の著者:therelateadmin

わたしたちは人生で同じ一日24時間を過ごし同じだけ生きていても、人生経験豊富な人と、そうでない人がいます。

では人生経験豊富な人と人生経験の足りない人はどう違うのでしょうか。また、どうすれば人生経験が豊かな人になれるのでしょうか。

こちらの記事では人生経験が足りないと思う人へのアドバイスを考えていきます。

人生経験豊富とは

そもそも人生経験豊富とはのようなことを言うのでしょうか。

例えばたくさん転職をしていろんな業種の職業を経験した人と、ずっと正社員で新卒で入った会社を定年まで勤めあげた人と、どちらが人生経験豊富にということになるのでしょうか。

ニートで家にこもっていても、家族やご近所との争いが絶えず、さまざまな修羅場を経験した人は人生でいろんな経験をしたので、人生経験豊富だということになるのでしょうか。いろんな疑問がわきます。

人生経験豊富になるには、たくさんのことを経験すればいいというものではありません。人生経験豊富な人とはひとつの経験から何かを学び、次に生かすことができ、本人も優れた人格をたくさんの経験に基づいて培ってきたということが条件となります。

人生経験が豊富な人の特徴

では人生経験が豊富な人の特徴を見ていきましょう。

落ち着きがある

人生経験豊富な人には深い落ち着きがあります。人生経験が豊富な人の放つ落ち着いた雰囲気は、近くにいる人達をも落ち着かせ、さらに人を引き寄せる独特のオーラがあります。

人生経験の足りない人が精神不安定であったり、小さなことでも動揺してしまうのとは真逆です。

心が広い

人生経験が豊富な人は心が広いです。小さなことで相手を恨んだりせず、忘れた方が良いことはさっぱりと忘れるスキルを持っています。

一方で人生経験が足りない人は心が狭くいつまでも過去に捉われていることが多く、過去の記憶で頭の中がいっぱいなため必要な情報が記憶のメモリーに入らなくなっている人がほとんどです。

家族を大切にする

人生経験が豊富な人は人のために行動ができ、家族も大切にします。家族を大切にすることはよりよき人生を送る基本でもあり、人生経験が豊富な人は大抵それを知っています。

一方で人生経験が足りない人は家族を大切にせず、外面だけ良ければいいと思っています。

人生経験が足りない人へのアドバイス

次には人生経験が足りない人へいくつかのアドバイスを書いていきます。

身近な人を大切にしましょう

人生経験が足りない人はまずは身近な人を大切にすることから始めましょう。一番大切なのは、両親をはじめとする家族です。家族も両親もいないという人は、ご近所の人や隣人との関係を良好に保つよう努力してください。

人生経験にはさまざまな種類があります。大海原にでて世界を旅する、大企業の社長になる、そんな壮大なことを経験することも人生経験の一つですが、身近な人間関係を学ぶことは、もっとも大事な人生経験の一つです。

起こった出来事から何かを学びましょう

人生で経験する出来事は良いことばかりではありません。悪いことや失敗は必ず誰にでもあります。

人生経験が足りない人は失敗から何も学ばない人です。同じ失敗をしても、失敗をバネにして成長できる人と、そこからいつまで経っても立ち直れない人がいて、そこが分かれ道となります。

人生経験が足りない人は過去の失敗から自分が何を学べたかを考えてみましょう。

物事にはかならず卒業があることを自覚しましょう

人生経験の足りない人は物事の終わりを見極める力が不足していることがあります。

ものごとには必ず「卒業」があります。すでに破綻して修復不能になってしまった人間関係に固執してしまっていたり、辞めると決めた習い事をずるずると続けていたりしませんか。

物事には必ず「辞め時」があります。慎重に将来を見据えながら、今、手放すべきものは何かを考えてみることも必要です。

人生経験は日々の「気づき」が大切

人生経験が足りない人が人生経験豊富になるために特に大きな冒険をする必要はありません。

日々の生活の中で接する人達との関係に気を配り、自分の中で様々な「気づき」を感じるだけでも、人生経験豊富な人に近づけることは間違いないでしょう。