精神崩壊とは?精神崩壊の原因と対処法を紹介!

記事の著者:therelateadmin

精神崩壊とは、人間の自我を保とうとする働きが制御できなくなり、人間らしさを失ってしまうことです。

失恋や仕事のストレスなど、人によって原因は様々ですが、どれも深刻な状況といえるでしょう。

まずは1人で悩まず、周りに打ち明けるといいでしょう。病院に頼ってみてもいいかもしれません。

今回は、精神崩壊について紹介します。人が精神崩壊してしまう原因と対処法について知れば、解決しやすいのではないでしょうか。ぜひ、参考にしてみてください。

精神崩壊する原因について

まずは、精神崩壊する原因について紹介します。

身近な人の死

身近な人の死による精神崩壊が、原因としてよく挙げられます。

死の中でも特に事故で亡くなってしまう、自殺してしまうといった突然の死を受け入れることができず、精神崩壊に陥ってしまうケースが多いです。

失恋

死ではありませんが、失恋も大切な人を失ってしまうことに変わりありません。

付き合っている人の浮気が原因で別れることになった、その浮気相手が自分の友達だったというような裏切りが原因で別れた場合、ショックで精神が崩壊してしまうというケースがあります。

恋人と友達が浮気をしてしまうというケースは多く、トラウマになるほどのひどい失恋となってしまった場合も同様です。

長時間労働

近年、長時間労働による精神崩壊が増えています。

深夜のサービス残業で家に帰ることができず、まともに睡眠・食事を取ることができないという人は多く、長時間労働により過労死してしまう人も。

1日の労働時間は8時間、1週間に40時間を超えて労働させることは原則として禁止です。また、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上休憩をさせなければならない、ということも決められています。

しかし、こうした決まりを守らずに休みなし、休憩なしで長時間労働をさせている企業があります。こうした企業で働き、長時間労働による過労で自殺を選択した人も少なくありません。

長時間労働により当たり前の生活ができなくなるため、精神崩壊する原因として増えているのも納得です。

精神崩壊の対処法

精神崩壊にはどのように対処していけばいいのでしょうか。精神状態になってしまったときの対処法について紹介します。

病院を受診する

ゆっくり休んで対処できればいいですが、精神崩壊を自力で改善するのは難しいでしょう。

精神崩壊してしまった場合は、病院を受診することをおすすめします。精神崩壊という病気はなく、病名を付けるとすれば精神病となります。精神病の場合は、精神科へ受診するようにしてください。

精神科を受診し、症状がひどければ入院となりますが、患者さんは多いので空きがないなどで入院できない可能性も。そのため、なるべく1人では行かず、できるだけ周りの方が一緒に病院へ付き添ってもらいましょう。

仕事が原因であるなら辞めさせる

長時間労働に限らず、仕事が原因で精神崩壊しているのであれば、今している仕事はできるだけ早く辞めるようにしてください。仕事を辞め、休むことで精神がだいぶ楽になることができるはずです。

しかし、精神崩壊している人は自分が精神崩壊していることに気が付いていません。一生懸命仕事をしているため、仕事が原因で精神崩壊しているとは思っていないでしょう。

周りが気付き、相手の精神状態を教えてあげることで、本人に自覚させる必要があります。そして、仕事を辞めても大丈夫、ということを教えてあげることも大切です。

長時間労働で精神崩壊してしまった人は、長時間労働の環境を普通であると認識しているため、まずは今置かれている環境が普通でないことに気付かせるといいでしょう。