話しかけるなオーラが出てる人の特徴と改善法:笑顔を心がけよう

記事の著者:therelateadmin

「話しかけるなオーラ」という言葉をご存知でしょうか。そのままの意味で「近寄りがたい雰囲気」のことを指します。

実は自分の知らないうちに、話しかけるなオーラが出てしまっている可能性も。

意識すれば、誰でも改善できます。より多くの人といい関係を築いていくためにも、チェックしてみてはいかがでしょうか。

今回は、話しかけるなオーラが出てる人の特徴と改善方法について紹介します。

話しかけるなオーラが出てる人の特徴

話しかけるなオーラを出している人は、どのような特徴があるのでしょうか。

話しかけるなオーラを出す人は、不機嫌そう

話しかけるなオーラが出ている人は、共通した表情をしているという特徴があります。

・睨むような目つき
・眉間にしわがよっている
・口角が下がっている
・ふてくされた表情

このような表情だと不機嫌でなくても、相手から不機嫌そうにみられてしまいます。

他にも、表情とは少し違いますが、話しかけるなオーラが出ている人は、人と目を合わして話すことができない人が多いです。

話しかけるなオーラが出ている人は、そっけない

話しかけるなオーラが出ている人は、表情と同じように共通した行動があります。

・貧乏ゆすり
・スマートフォンをずっと触っている
・イヤホンで音楽を聞いている
・挨拶がそっけない

このような行動をしている人には、話しかけるなオーラを感じます。

イライラしている人の典型的な行動である貧乏ゆすりは、話しかけるなオーラでも典型的な行動でした。

スマートフォンを触っていたり、イヤホンで音楽を聞いたりしている人は自分の世界に入ってしまっているので、邪魔するなというオーラが出てしまっています。

その中でも挨拶はとても大切なことです。こちらから挨拶して相手からの挨拶の声が小さいと、話しかけない方が良かったのかな、と相手に思われてしまうことも。

話しかけるなオーラが出てる人の改善方法

話しかけるなオーラが出ている人は、どのように改善していけばいいのかについて紹介します。

口角を上げる

口角が下がっていると不機嫌そうな表情に見られ、話しかけるなオーラが出てしまうため、口角を上げるように意識していきましょう。

口角を上げるトレーニングは、自分で行うことができます。

1つ目の方法は、口を膨らませて風船のようにする方法です。片方ずつ交互に風船のように顔を膨らませていきましょう。

2つ目の方法は、ウインクです。ウインクした方の目に口と頬を近づけるように上げていきます。片方ずつ交互におこなってください。

簡単な方法なので、ぜひ空いた時間に試してみてはいかがでしょうか。テレビを見ているときなど、スキマ時間を活用するといいでしょう。口角を上げることができれば、自然な笑顔で過ごすことができ、笑顔が増えれば話しかけられやすくなります。

人の目を見て話しができるようにする

人と話をするときは、人の目を見て話しができるようにしていきましょう。

意識しても人の目を見て話すことができない場合は、目ではなく目と目の間を見るように意識することをおすすめします。

いくら目を見て話すようにといっても、ずっと相手の目を見て話すのは自分も相手も疲れてしまいます。適度に調整しながら試していくといいでしょう。

TPOを考える

話しかけるなオーラが出ないためには、人が居るところでは極力スマートフォンは触らないなどTPOを考えましょう。

状況に合わせてきちんと行動することで、話しかけるなオーラは出なくなります。

自分から笑顔で挨拶をする

挨拶はされた方のテンションと同じくらいか、された方のテンションを上回るほど高いテンションでしてみましょう。

一番いい方法は、自分から挨拶するということです。小さな声でも自分から挨拶をすれば、話しかけるなオーラは出ません。

挨拶をするのが苦手だという人は、笑顔を作る練習を行い、笑顔で会釈をするだけでも充分です。感じよく挨拶ができるように意識していきましょう。