罪悪感を感じる原因・消す方法:同じ失敗を繰り返さないことが大切

記事の著者:therelateadmin

理由は人それぞれですが、罪悪感を感じるという経験をしたことは誰もがあるはず。後悔しない人はいないというように、過去のことで何かどうしても気になることがある、という感情を抱いている人は意外と多いのかもしれません。

しかし、罪悪感をいつまでも感じているのは精神衛生上良くない状態の一つです。罪悪感はいつまでも心に残るものですし、そんな気持ちを抱えながらずっと生活していかなければならないのは嫌なものでしょう。

今回は、罪悪感をを消す方法について、罪悪感を感じる原因を整理しながらご紹介します。

どうしても罪悪感をぬぐいされない、苦しくてどうにもできないという方は、一度LINEトーク占いで話を聞いてもらってみてはいかがですか?

LINEトークアプリから直接相談できるため、初めての方も会員登録不要。初回は10分間無料なので、ぜひ一度試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

罪悪感を感じる原因

ちなみに、人はなぜ罪悪感を感じるようなことがあるのでしょうか。実際に何か罪を犯していなかったにしても、まるで大罪を犯したように、過去のことを気にしてしまう人は多いものです。

罪悪感を感じる原因は以下のようなものが考えられるでしょう。

1.後悔していることがある

罪悪感は、過去のことを気にする気持ちをきっかけとして表れるものです。どうしても過去に「こうすれば良かった」という未練や後悔があると、そのことが原因で罪悪感を感じることも増えてしまうものです。

特に周りの人に迷惑をかけたようなことの場合、自分のみで完結するものではありませんから、罪悪感として強く残ってしまうことはよくあることでしょう。

2.心配や不安を感じやすい体質

心配や不安を感じやすい体質の人もいるでしょう。普段から何かと自分のした行動が周りにとってどんな影響を及ぼすのか、周りの人がどう感じるのか気にしてしまうと、それは罪悪感としても感じられることがあるものです。

普段から心配性な人は、そう感じるのはもはや癖のようなものなので、なかなか考え方を矯正しようとするのは苦労するかもしれません。

罪悪感を消す方法

では実際、罪悪感を感じたときはどのようにその意識を消していけば良いのでしょうか。実際罪悪感を感じる必要のないことの場合、いつまでも気にしている方が嫌なものです。罪悪感を感じてどうしようもないときは、ぜひ以下のことを試してみてください。

1.友達に話す・愚痴る

人に話すことで気持ちが楽になる悩みや苦しみもたくさんあります。周りにアドバイスや解決策を求める必要はありませんので、罪悪感を感じることがあるなら、そのことを素直に友達に話してみましょう。

話すだけで気持ちが紛れ、抱えていたモヤモヤがなくなる可能性は十分にあり得ます。自分の中でいつまでも気にしているからこそ消えない、そのような気持ちの問題から来る罪悪感もたくさんあるものです。

2.同じことをする際は後悔しないようにする

もし罪悪感を感じているのなら、新しくこれから自分に起こることで、その気持ちを解消する方法もあります。同じような失敗は繰り返さないよう、過去のことを反面教師にし、成功の糧とするのです。

同じことをする際には後悔しないように上手く立ち回り、今度は罪悪感を感じるようなことをしないようにするのです。成功体験は、過去の失敗を良い経験として忘れさせてくれる効果があります。

どうしても罪悪感を解消できない場合は、これからの自分の行動で「良い経験」に書き換えていく必要があるのです。

罪悪感を感じる原因と解消法まとめ

罪悪感を抱くという時、過去の出来事に直接原因がある場合や、もともと心配になりやすい性格だという場合もあります。

何か思い当たる原因がある時には、信頼できる友人や家族などに話すだけでもスッキリするかもしれません。また、それと同じ失敗を繰り返さないようにすることも大切です。

一方で、中には知り合いには話すことができないという方もいるでしょう。そのような方は、第三者に話を聞いてもらうこともオススメです。

LINEトーク占いはLINEが運営しているサービスの一つで、電話占いとチャット占いがあります。スマートフォンさえあれば鑑定を受けられるため、誰にも知られることなく相談できるのがポイント。

占いを利用したことがなく抵抗がある方は、まずはチャット占いを試してみるといいでしょう。チャット形式なので話す必要がなく、言葉にしにくいことも相談できるはずです。

初回は10分間無料で、その後も1分100円~とリーズナブル。ぜひ一度試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]