親の遺品の整理方法:業者に頼むときの注意点と自分で行う場合の4ステップ

記事の著者:1587224

故人が生前整理をしていなかった場合、残された遺族は遺品整理を行うことになるでしょう。遺品整理を行う方法は、業者に頼む場合と自分で整理する場合の2種類に分けられます。

遺品整理業者に依頼すると、スピーディーに整理が進みます。時間をかけて整理したいところは自分たちで整理するというのも一つの方法です。

業者に頼む場合、自分で整理する場合とで、どのように進めていけばいいのかを2パターンに分けて紹介します。

業者に頼む場合

遺品整理士という資格を持った人がおり、遺品整理業者やリサイクル業者が早急に丁寧な対応をしてくれます。心を配り対応してくれますが、時間には制限があるので、全ての思いに寄り添えるかというと、難しいところがあるでしょう。

遺品整理のステップは大きく分けて、仕分け、梱包、搬送、清掃の4つです。

業者に依頼するということは、その分人件費や交通費の費用がかかってきます。仕分けの段階から業者にお願いするのか、梱包から依頼するのか、搬送をお願いするのか、清掃だけお願いするのか、家の大きさや間取り、サービス内容によって値段が変わってきます。

遺品整理業者にまずは相談をしてみて、見積もりを依頼し、提示された費用を参考にして、すべて業者に依頼するのか、ある部分は自分たちで行うのかを相談しながら検討していくのも一つの方法です。

自分で行う場合

遺品を全て自分たちで整理して処分するまで行うというのは、大変な作業になっていきます。人数や時間をかけて行っていくのか、どこかの段階で、業者に依頼するという選択肢を選ぶ必要もでてくるかもしれません。

1.遺品を仕分ける

遺品を、保管しなければならないもの、形見分けするもの、リサイクルできるものや売れるもの、まだ迷うので一時保管するもの、処分品に分けていきます。

(1)保管しなければならないもの
保管しなければならないものは、通帳や現金、印鑑、へそくり、保険証券、金品などです。日記やエンディングノートも、故人の遺志になるので、保管しましょう。

その他、仕事関係の書類は会社や取引先からの問い合わせが来るなどしたときに必要になってくることがあるかもしれないので、数年間は保管しましょう。

納税に関する書類、年金に関する書類は役所からの問い合わせの際に必要になることがあるので、数年間は保管することが推奨されます。

(2)形見分け
形見分けとは、故人の愛用していたものなどを近親者にわけることを言います。故人を偲び、思い出を共有する風習です。

時期に決まりはありませんが、仏教であれば四十九日法要などの忌明けの際にお見送りのタイミングで、故人を忘れないようにするための儀式として形見分けを行うともされています。

(3)リサイクルできるものや売れるもの
家具家電、衣類、本でまだ使えるもので、形見分けで余ったものは取っておきましょう。リサイクルショップで引き取りをお願いすることができます。寄付をするのも良いでしょう。売れるもの、リサイクルできるものは見積もりを依頼しましょう。

プロに鑑定してもらった結果、これは売れない、引き取れないという可能性もあるので、処分品を搬出し終わってしまう前に確認しておくとスムーズです。

ネットや電話で見積もり依頼し、即日対応してくれるものもあります。

(4)処分品
ゴミの処分にもお金がかかるので、できるだけ捨てるものは少なく済むようにしましょう。

2.梱包

家の入口付近から整理を行っていくと、梱包したものを集めやすくなり、搬送がしやすくなります。

段ボールをインターネット通販やホームセンターでまとめ買いすると相場は120サイズ 10枚 1100円~、140サイズ 10枚 2100円~といったところです。

荷物を詰め込み、搬送するときに分けやすいので、搬送先に分類してまとめることをオススメします。

3.処分

数が少なければ、自治体の粗大ごみや不燃ごみで出すことができます。またゴミ処理センターに持ち込むことで処分が可能です。
数が多くなってきた場合は、粗大ごみ回収業者に頼むのも一つの方法になります。

大型の処分品は、自治体によって処理方法が異なる場合があるので注意が必要です。お住まいの地方自治体のゴミ処理ルールを確認して処分を行うようにしてください。大型の物は以下のようなものがあります。

家電ではテレビ、ビデオデッキ、冷蔵庫、洗濯機、パソコン、電子レンジ、オーブン、ストーブ、エアコン、扇風機、こたつ 等
家具ではテーブル、椅子、食器棚、ベッド、勉強机、本棚 等

4.清掃

賃貸であれば、家主さんに返すために綺麗に清掃をする必要があります。清掃業者に依頼すれば清掃に加え、消臭・消毒を行ってくれるので安心です。

一軒家、持ち家は今後どのようにしていくかを検討しながら、近隣の人の迷惑にならないように管理をしていく必要があります。木々が伸び放題になったり、雑草が生え放題になって敷地外に出てしまうと迷惑になってしまいまうので注意が必要です。

空き家を放っておくと、野生の動物が住み着いて近隣の人に危険を与えたり、動物に触れてしまうと害が及ぶこともあります。空き家であっても、きちんと施錠をしながら管理をしていきましょう。

生前整理は遺族への優しさ

遺品整理は体力と気力のいる作業なので、遺族の負担を考慮すると、自分の家のものは生前からすっきりとさせておくと良いです。

家をどう管理するのかについても話し合うことで、遺族はスムーズに整理することができるでしょう。