同居を解消したい!義両親に使える理由3選:行動に出す前にすべきこと

記事の著者:佐野理子

別居していた時は旦那の両親との関係は良好だったのに、同居した途端、関係が悪化したという話はよくある話です。また、同居を解消したいと考えていても、旦那と旦那の両親の関係まで悪化させたくないと考える方も多いでしょう。

別居をすればまた良好な関係に戻れるかもしれないと期待をしていれば、なおさら関係を悪くする理由で同居を解消したくはないです。そこで、別居を決意する人々の理由と別居するために必要なことについてご紹介します。

旦那の両親とより関係を悪くさせないために、相手を傷つけない方法を挙げています。これからの関係に不安がある方は特に要チェックです。

同居を解消する理由

同居の解消を義両親に話すとき、どのような理由で話をしているのでしょうか。

子供の成育環境のため

子供を理由に同居の解消を提案するという人は多いです。

例えば、子供が大きくなって部屋が足りなくなったので別居したいと言うと、義両親も孫のためならと思い納得してくれます。また、義両親がたばこを吸っていたり、子供の教育に良くない習慣がある場合はそれを理由にすることもできます。

ただし、その習慣のみを理由にすると義両親を責める形になってしまうので、他の理由と併せて話すようにしましょう。子供が通う学校が遠いなども理由として挙げることができます。

子供が別居の理由になると、義両親も孫のためならと穏便に別居を納得してくれるでしょう。孫が大好きな義両親の場合はおすすめです。

お互い気を遣いすぎてストレスになるから

同居を解消する理由の一つとして「気の遣いすぎ」も挙げられます。義両親と住んでいれば気を遣ってしまうのは当たり前です。それはもちろん義両親側にも当てはまります。義両親の方もあなたに気を遣っていることでしょう。

お互いが気を遣いすぎてストレスを溜め込んでしまうため、お互いのために同居を解消した方が良いと判断する家庭も多いです。場合によっては体調を崩してしまうこともあります。体調を崩すくらいならと別居に踏み切ることも多いです。

日頃から義両親の方も気を遣っている場合、気を遣ってしまうことを理由に同居の解消を申し出ると、義両親も納得しやすいでしょう。

仕事に専念したいから

パートでも正社員でも仕事場からの距離が遠く、長く働けずに損していると言って同居を解消している方も多いです。

また、実際に仕事場から近いところで働くことで長く働き収入を増やして義両親に頼りになることも減らせるでしょう。旦那が働いている間に嫌味などを言われてしまっては、時間もお金も心身も無駄にしてしまいます。

精神的に働けなくなる前に行動を始めることが大切です。収入を増やして旦那と新たな楽しみを見つけるもの良いでしょう。

同居を解消するためにやること

同居を解消するためにやらなければならないことがあります。

まずは旦那を説得すること

一番最初にやるべきことは旦那を説得することです。旦那からすると、どんな理由であれ同居を解消したいということはマイナスに捉えられやすいです。

説得しても初めは反対されることが多いでしょう。あまり何回も話を持ち出すと、しつこいと言われて取り合ってくれなくなる可能性があります。

何回話しても説得できない場合は、自分と子供だけでも家を出る意思を固めるしかありません。自分か両親かを旦那に選択させることは酷でしょう。しかし、そこまでしても別居したい場合はその方法で説得するしかないです。

同居中の家のローンを支払っている場合

同居中の家のローンを支払っていると、同居解消後の家の家賃と二重で支払わなければならない可能性がでてきます。できれば二重での支払いは避けたいです。二重支払いを避けるためには、

➀同居中の家を売り、自分達も義両親も家を出る
➁義両親に出て行ってもらう
➂自分達が出ていき、自分達に対して義両親が家賃を支払い、その金額をローンにあてる

などといった方法が挙げられます。どの方法も良い点、悪い点がありますので、義両親と話し合って決めましょう。

同居の解消のための話し合い

同居解消の意思が固まり旦那も説得できた場合は、義両親と話し合いをする必要があります。基本的には旦那に切り出してもらう方が良いです。

ただし、同居解消を反対されたり姑に泣かれるなど、穏便に話し合いが進まないということは覚悟した方が良いでしょう。もし、同居解消に納得してもらえたとしても、引っ越しの日まで義両親に無視されるということもあります。

このような事態を避けるために、引っ越しの前日まで同居の解消について話さない家庭も多くあります。絶対反対されるということが分かっているのにわざわざ話し合いを挟みたくないという理由からです。いつ義両親に話すかは旦那としっかり話し合うようにしましょう。

同居を解消したその後

同居を解消するための話し合いによって、その後は決まります。義両親が同居の解消を納得し、円満に解消できた場合はその後も適度にお付き合いできるでしょう。

しかし、喧嘩別れした場合はその後の関係が悪化してしまうことが多いです。そして、義両親との関係以外にも、周りからの噂にも耐える必要があります。

同じ街での別居になると、街の人に噂されることになるでしょう。噂は噂で気にしないで良いのですが、義両親との関係が悪いと噂のネタにされやすいので注意する必要があります。

同居の解消には覚悟が必要

一度同居してしまうと、同居の解消は大変です。解消するために旦那の説得が必要になり考えることが増えます。また、義両親との関係の悪化が予想されるだけでなく、義両親がいたからこそ助かっていたことが今後は期待できなくなるでしょう。

義両親と同居を解消したい場合は、今後のメリットデメリットを整理し、本当に同居を解消した方が良いのか慎重に考えてみてください。