自己評価が低い人の特徴とは:接し方次第で変わる?

記事の著者:kenishida

皆さんは自分に対しての自己評価、高いですか?低いですか?

日本人はもともと謙虚な気質なので自己評価が低くなりがちな傾向があるそうです。誰でも自分に自信のない部分はあるものですが、その中でも著しく自己評価が低い人も存在しています。

では、自己評価が低い人とは一体どのような特徴があるのでしょうか。まとめてみたので自分と照らし合わせてみましょう。

また、自己評価が低い人が周りにいる人は、その人への接し方として参考にしてみてください。

自己評価が低い人の特徴 

自己評価が低い人の特徴をいくつか挙げてみます。

自分の意見を主張できない

自己評価が低い人は自分に自信がありませんので、意見をはっきりということができません。

言いたいことがあるのになかなか言い出せないじれったさがあります。

周りからの評価を気にしすぎる

他人の評価がとても気になるため「この意見は本当に正しいのだろうか?」「このようなことを言って、おかしいと思われないだろうか」と考えてしまいます。

人にどう思われているかという、他人の中での自分の評価を気にするあまり、自分を表現することができないのです。

 すぐに自慢してしまう

自己評価の低い人は、自分自身について自信がありません。ですから、別の部分で自分は価値のある人間だと他人に思わせたくて、つい自慢しがちになってしまいます。

周りからの評価を上げるための自慢

例えば、持っている物についての自慢や、親や親戚、知人が社会的地位のある人であったり有名人であるというような自慢などです。

ブランド物を持ってみたり、知人に自慢できるような人と友達になることで自己評価を高めようとすると同時に、周りからの評価も上げようとするのです。

他人への批判が多い

自己評価が低い人は、すぐに他人を批判してしまう傾向が強いです。自分への評価が低いため、他人を自分より下に落とすことで自分の価値を高めようと考えてしまいます。

もちろん、わざと他人を貶めているわけではないでしょう。つい無意識のうちにしてしまっていることが多いようです。

他人を批判することで、「自分こそ正しいのだ」と自信が持てた気になるのです。

自己評価が低い人への接し方

自己評価が低い人は、他人が言っても直ることはなかなか難しいです。その背景を認めた上で優しくサポートしてあげましょう。

認めてあげる

自己評価が低い人は自分を否定していることが多いです。

まずはその人自身を認め、過ごしやすい環境を作りましょう。積極的に意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

悪いことは注意する

自己評価が低いと、ネガティブになり、考え方もだんだん悪い方に進んでいったりします。

その際は、ちゃんと注意し正しい方に導いてあげましょう。

頻繁に連絡を取る

自分から交流を求めてくることが少ないため、こちらから誘ってあげましょう。

時間はかかりますが、だんだん心を開いてくれるかもしれません。

無理に変わることを求めない

いきなり変わることは誰しもできることではありません。ゆっくりと時間をかけて慣れていきましょう。

また、どうしても相手に変わってほしいならまずは自分から変わることです。相手の気持ちを理解し、行動しやすいよう動いてあげましょう。器の大きさが求められます。

自己評価が低い人まとめ

自分に当てはまるところはありませんでしたか?

自己評価を高めるには、自分で自分を認めて自信を持つことです。良くできている、頑張っている、と普段から思うように心がけてみてください。

周りの人はその努力を優しく見守りサポートしてあげましょう。

自己評価を高めて充実した人生を送りたいものですね。